うっかりフローリングにキズをつけてしまいどうしようかと焦ることがあります。そんな時フローリングの補修の仕方を知っていたら便利です。何と言っても一番のキモはどれだけフローリングの色に近いものを再現で出来るかなのです。単に色が剥がれただけであれば似たような色味の塗料を塗って誤魔化すこともできます。

しかし大きなへこみや割れ目がある場合はやはり張り替えが必要となります。もし張り替えが必要ならプロに任せた方が無難です。その場合キズや汚れのある部分だけを修理・補修するものと、完全にフローリング全体を張り替えるやり方があります。外注ですのである程度まとまったお金が必要になります。

それでも自分でやれる範囲でやりたい人はホームセンターで必要なアイテムを調達してみるといいでしょう。世の中には自分では知らない便利なものが沢山あります。フローリング修理キットと呼ばれるものがそうです。比較的キズが浅く1センチ程度のものであればキズかくしテープがいいでしょう。

一方で深いキズの場合は専用のパテを詰めて色や木目を再現し修理する本格的なキットをおすすめします。キズ消しねんども手軽でお値段がかなり安いので試してみる価値はあります。また、浅いキズでも本格的に修理したい人向けには簡単作業できれいな修理が可能なキットもあります。あれこれ細かい作業が面倒な人には、クレヨンタイプがおすすめです。

これは専用のクレヨンを暖めて柔らかくした後、キズの部分に塗り込んで冷ますだけの補修材です。これだと修理した後に上からワックスがけも可能なので掃除のときに気を遣わなくて済みます。目に見えるかどうかの小さなキズには、こするだけで消えるキズ消しシートというものもあります。その他引っ掻きキズにはマニュキアタイプやカラーワックスなどもあります。

いずれにせよ、状態に合わせて自分が満足出来れば問題ありません。