江戸川区は東京の東部に位置する23区の一つです。江戸川区の1970年頃の人口は約45万人でしたが、年々人口増加が行われおり、2016年10月の時点では68万6千人まで人口増加が行われています。人口の増加は、住みやすさを持つ行政区とも言えるのではないでしょうか。江戸川区は西側に荒川、東側に江戸川、南側は葛西臨海公園があり、人工砂浜が作られているなど、自然が豊富にあるエリアです。

自然が豊富にあるため、住み続ける人が多く、中には古くなった住まいのリノベーションをする人も少なくありません。リノベーションは最近話題を集めているリフォーム手法の一つになるのですが、特徴として間取りを一新させる事が出来ると言う点があげられます。通常のリフォームの場合は、間取りを変えるとしても水回りの移動と言うのは難しいのですが、リノベーションの場合は構造体を残して内装を全て撤去するため、従来浴室だった場所にウォークインクローゼットや納戸などの部屋にしたり、細かく分かれていた住居スペースを1つにまとめる事も可能になります。昭和の時代に建設されたマンションの中には部屋が細かく分かれている物件も多くあり、子供の成長などによるライフスタイルの変化で住み難くなっているケースもあります。

リノベーションは現在のライフスタイルに合う間取りに変えられると言うメリットがある事、江戸川区の住みやすい環境などから、現在の住まいをリノベーションする人が多くなっているのです。