家庭内におけるアクシデントでは、毎年、多くの人が怪我をしたり、命にかかわる事態になったりしています。その中でも特に気を付けたいのが、浴室内で発生するヒートショックと呼ばれるアクシデントです。ヒートショックとは、簡単に言うと急な温度により体に大きな負担がかかることで、意識を失ったり、血管性の疾患を発症してしまう現象のことです。たとえば冬場は、リビングは温かいことが多いです。

ですがそこから一歩、部屋を出て、入浴のために脱衣所に入ると、そこは室温が冷えたままと言うことも少なくありません。すると血圧は一気に高くなり、これは衣服を脱ぐことで更に上がっていきます。そしてそのままの状態で浴室に足を踏み入れ、体を温めるためにお湯を体にかけたりすると、血圧はますます高くなります。しかし入浴をして体が温まってくると今度は血圧は下がっていくため、これだけの短い時間の間でも、血圧の変化は非常に大きなものがあります。

そのため血圧が高くなっていく時点で血管が切れたり、詰まってしまうことで脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などを発症する、あるいは血圧が急激に下がることで意識を失い、浴槽内で溺れてしまうと言う事態も発生しやすくなると考えられます。ちなみにヒートショックは、冬場だけでなく夏場にも起こりやすい現象です。そのためこのヒートショックを防ぐためには、脱衣所や浴室と他の部屋との温度差を解消することが必要です。そのためにはリフォームが効果的で、たとえば脱衣場に温度差を解消するための冷暖房器具を設置すると言ったリフォームが挙げられます。

あるいは浴室であれば、床暖房を導入するためのリフォームを行うと言うのも良い方法のひとつです。