浴室はいくらきれいにしていても徐々に汚れはたまっていってしまう場所です。衛生面や安全性などを考えて、リフォームをしようと考えている方も多い場所だといえます。確かに新しいものにするという事は大切ですが、その際に考えておきたいことがもう一つあるのです。それが、バリアフリーを取り入れた形で浴室リフォームをしていくという事です。

家を建ててある程度時間がたち、浴室をリフォームしようという事を考えるとき、ある程度の年齢になっている場合が多いでしょう。今後を考えると、体が不自由になってきても使いやすい工夫を取り入れておくことが必要になります。一度工事をしておき、本当に体が動かなくなってからさらに工事をするのでは大変なこともありますから、できることはこの際やっておくのがおすすめです。まず、入る時の段差を少なくしておくのがおすすめです。

足が上がりにくかったり、誰かに介助してもらうというときにも段差があると躓きやすく使いにくいことがあります。浴槽の高さなどもチェックしてみましょう。自分で安全に動けるように、床が滑りにくいものであるとよいですし、手すりなどが必要な場所についていると役立ちます。せっかく浴室リフォームをするのであれば、将来まで役立つ形に仕上げましょう。

手すりなどちょっとした工夫があるだけで、自分でできることが広がり、介護予防につながることもあります。ぜひこうした観点からリフォームの形について考えてみてください。